スペイン紀行 トレド編その1

2011年9月の下旬から10月の初めにかけてマドリッドとトレドに行ってきました。しかし、いろいろあってブログアップするにいたるまでに相当な時が経過してしまいました。

img_0727

トレドには今回が2回目です。前回はマドリッドからの日帰りツアーであったため急ぎ足の観光という感じでしたが、それでもとても感動したことが忘れられませんでした。なので、よりいっそうの思いが今回の旅にはありました。でも、でも、マドリッドに着いて二日目に何と高熱を発してしまいました。それがとうとう旅の間中熱が下がらず、というか帰国してからも10日くらいは具合の悪い状態が続いてしまったという忘れられない思い出になってしまいました。

体調が悪かった、それはそれで忘れられない思い出になったのも確かです。

トレドというところは、当たり前の表現しかできなくて恐縮ですが、やはり素晴らしい!トレド旧市街を外から眺める景色も、街中に入って観る何処其処の光景も、大聖堂の様な歴史的建築物の中も、絵画等の芸術も何もかも素晴らしいのです。

img_0755

しばし、ご覧ください。

img_0746

トレドに到着した日の昼食を頂いたレストランです。小生は鼻がお馬鹿さんになってしまっていたので全く味がわかりませんでした。

img_0749

鱒の料理でした。まあ、何が出て来ても味がわかわらないので、、、

img_0756

旧市街の光景いろいろです。

img_0765

img_0768

次は、大聖堂の中です。フラッシュを炊かない条件で撮影が許可されました。

img_0778

img_0784

img_07991

中世のころ、スペインの都であったトレドの大聖堂に保管されている王冠です。様々な宝石がちりばめられた金無垢です。

img_0788

キリスト教、ユダヤ教、イスラム教が共存して都市国家を形成していたようです。現代人が学ぶべきところがたくさんありそうです。

一覧表示:Blog - ブログ